【環境出前授業報告】平成29年6月19日さだ西小学校「エネルギーについて」

平成29年6月19日さだ西小学校のエコクラブで「エネルギーについて」の出前授業を行いました。

今回のテーマは、「私たちの暮らしとエネルギー」でした。

関西電力さんから説明に来ていただいて、水力発電、火力発電、原子力発電などの話をしてもらい、そのあと、発電の原理や、エコと云われている太陽光発電、風力発電について、模型を使って皆さんに体験してもらいました。

授業では、現在の私たちの生活になくてはならない電気が、どこでどの様に作られて家庭までどう云う経路で運ばれて来るかをクイズ形式で学習し、発電機の仕組みやタービン発電の原理を実験で確認したり、LEDと白熱電球の消費電力の差を、自分たちで手廻し発電をしながら実感してもらいました。

このような「体験」が、学校の授業での「学び」と結びついて、より深く理解する一助になれば良いな、と思います。

対象:4.5.6年生 約30名